FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親離れ

うちの猫らは私と一緒にめったに寝てくれません。
うちの猫はきじ猫の男の子6kgと三毛猫の女の子4kgのともに10歳の2匹。(ちなみになおちゃんも4kgぐらい。)

まだ最初のころはきじ猫は一緒に寝ていたような記憶があります。
お布団の中にはあんまり入らないけど、布団の上で私の足によっかかって寝るのが定位置だったような・・・。
三毛猫はヒトが怖い子だったので、元々自分からヒトと一緒に寝ることはめったにありません。
でもきじ猫が大好きなので、きじ猫が私と一緒に寝ていたら、きじ猫目当てに一緒に寝るということはありました。
なのに、今はうちの猫たち冬でもほとんど一緒に寝てくれなくなってしまいました。寂しい。

保護猫さんたちは割と一緒に寝てくれます。
保護部屋生活でまずお世話係である私に慣れ、懐いてくれるので、フリーにしても他の猫たちより私。
うちの猫たち決して誰でもウェルカムなフレンドリーなタイプではないので猫同士の関係は一朝一夕とはいきません。
保護猫さんとうちの猫が一緒に寝るのは毎回時間がかかります。遊ぶことはあっても寝るところまでいかずに新しいおうちに行くことも珍しくはない。
一緒に寝るというのは猫の世界では結構心許した親密な関係でないと難しいようです。
そんなこんなで保護猫さんたちが一緒に寝てくれるので、うちの猫たちが寝てくれない寂しさも埋められておりました。

なおちゃんはリターンになって、もう2年近く我が家で暮らしています。
さすがにうちの猫たちとも一緒に寝られるようになりました。

20190228nao03.jpg

それでもたまにケンカになるので、結構気を遣いながら慎重に猫ベッドに入っていくのがかわいい(^^)

なおちゃんお昼寝はひとりか他の猫と、でも夜はちゃんと私と一緒に寝ていました。
お布団の中に入るタイプ。
お布団をポフポフするので布団をめくってあげると、スルスルと中に入り、足元で寝るのが大体決まり。
これまでは。

最近怪しい・・・。
最初お布団に入ってきても、すぐに出て行ってしまうことが多い・・・。

20190228nao01.jpg
「つちねこ寝相悪いんだもん」

元々寝相悪い上に、最近は腰痛持ちになってしまい、よく寝返りを打つのがいかんかったのかorz
起こさないようにそろそろと動くんだけど、それでも足が当たっちゃうこともあるしねえ。ごめん。
まだもうしばらく寒いんだから一緒に寝てほしいなあ。

昨夜はソファで寝たのですが、朝起きたらお腹の上になおちゃんがいた。(重さは慣れてる。でも腰にはちょっと良くない。)
たまには一緒に寝てくれている。優しさか。

うちの猫が一緒に寝てくれないのは私の寝相の悪さと、保護猫さんに遠慮してというものあるようで、保護猫さんがいなくなったら割ときじ猫が寄り添ってくれます。
私を寝かしつけてから去るらしく、夜中はいなくなっている(^^;)
なのでなおちゃんと一緒に寝たい方はご遠慮なくお問い合わせくださいね。

なおちゃんの詳細はこちら→「ペットのおうち」なおちゃんのページ


スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

まろ=ミミちゃんのお元気報告

お元気報告続き(笑)

続いてはまろ=ミミちゃん♪
つちねこ保護猫No.0(ゼロ←最初通し番号つけてなかったので後でゼロ番にしました)、初めての預かり猫(守る会さんより)のミミちゃん、譲渡したのは2012年1月ですよー。
もう7年前でした!
1才で譲渡したミミちゃんはもう8才。月日が経つのは早いですねえ。

まろ

ミミちゃんはかわいい。(断言。)

アレルギーなのか皮膚のかいかいが出ることがあるそうですが、お薬を使いながら付き合っているそうです。
原因のはっきりしないかいかいは治療が難しいようだし、ひどくならないように、ミミちゃんがかゆくてしんどくならないようにお付き合いしていくしかないのかなー。
超ビビりのミミちゃん(会いに行っても姿を見せてくれなかった(^^;))、病院では固まっているかな?
病院通いなど大変かと思いますが、ありがとうございます。

王子くん

こちらは宮崎市保健所から譲渡会でまだ小さい時にミミちゃんと同じくTさんのおうちに迎えてもらった王子くんですね(^^)
猫6匹の大家族のTさんのおうちで唯一の男の子♪イケメンに育ってますねえ~。
王子くんも元気そうでうれしいです。

Tさん、さび猫のかわいさを知る貴重な猫好きさんで、おうちには2匹のさび猫さん(守る会から譲渡されたりんちゃんとちゃあちゃん)がいましたが、新入りのペコちゃんもさび猫さん。
おうちにふらっと現れた子をTさんが避妊手術やノミダニ駆除をし、いつの間にか家猫に。
慣れていたのなら元飼い猫さんだったのかな。
猫は自分でおうちを選ぶというので、きっとペコちゃんはさび猫好きで優しいTさんを選んで来たんでしょうね。
暖かいおうちができて良かったね。

Tさんのおうち、これできじ白の王子くん以外、三毛猫2匹、さび猫3匹という(笑)三毛やさびは気が強い女子のイメージなので、ほどほどに距離をとって仲良く暮らすんだよ~。(我が家の三毛女子2匹でもよくもめてるのですごい!)

お写真と近況報告ありがとうございました(^^)
これからもよろしくお願いしますね。


テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

なおちゃん留守番する

2/19、20と犬猫のシニアケアのセミナーがあり東京に1泊してきました。
猫たちは家でお留守番。
1泊2日のお留守番の時はいつも間で1回キャットシッターさんに訪問してもらい、ごはんやトイレのお世話にたくさん遊んでもらっています。
最初の面談のときこそ知らない人が怖くて家じゅう走り回ったなおさんですが、タンスの上の猫ベッド、折り畳みベッドの裏に隠れることを経て、徐々にシッターさんに近づけるようになりました。
今では自分から遊んでもらいに行っているみたいです。おもちゃどこ?と(笑)

20190220nao03.jpg
2/20にシッターさんが撮ってくださった写真です。使っていいですよ、と言ってくださったので♪

一人暮らしで猫と暮らすと宿泊を伴うお出かけが難しくなると思いますが、私はシッターさんに来てもらうので基本的には安心してお出かけできます。なおちゃんが慣れてくれたので今は以前より安心。

本当は小さい子猫の時から社会化を頑張って、どんな環境でも普段通りに過ごせる子に育てるのが理想です。
動物病院でもペットホテルでもおしっこもうんちもいつも通りで、ごはんもちゃんと食べられて、ストレスも少ない、だったらいいなーと思います。
猫の社会化期って短いですよね。9週齢くらい、生後2か月くらいまで。
社会化期にいろんな刺激にちょっとずつゆっくり触れさせておくと受け入れやすいので、その時期に病院などに少しずつ行って、おやつでも食べて楽しい場所と思ってもらうなんてことをして、ニオイや音、雰囲気やスタッフさんに慣れておくと、後々注射など予防や治療として嫌なことをされるにしても全く知らない怖い場所で嫌なことをされるのに比べればストレス少なく許容できる場合も多いようです。
できたらお泊りもできるようになっておくと、将来入院するときも少し不安が減らせると思います。
子猫から育てている方にはぜひ子猫の時期を大事にしてほしい(^^)誰にでもフレンドリーで、いろんなことを嫌がらずにできるようになっておくということが、大きくなってから、シニアになってからとっても役立つと思う。
次にもしご縁があって子猫を育てる機会があれば、ぜひ社会化頑張りたいと思っています。

うちの猫は2匹とも社会化期などとっくに過ぎてうちに来ました。きじ猫は推定5か月で保護、三毛猫は1才過ぎてうちに迎え、保護された時点でも社会化期は過ぎていたようです。病院には慣れていません。
大きくなってからでもゆっくり時間をかければ慣れることができる子もいると思います。実際なおちゃんもシッターさんに慣れたし。
10歳のうちの猫たち、これから病院のお世話になることも増えるでしょうから診察のストレスが少しでも減らせる方法があると良いなとは思います。が、現状病院は正直ちょー苦手。
パニックになるほどではないけど怖くて固まる。お泊りだと長時間なのでかなりストレスフルと思われます。
そろそろ高齢と言われる年齢だし、なるべくストレス少なく過ごしてほしいというのもあり、シッターさんにお願いしたほうがよさそうです。

なおちゃんは生後3か月くらいでうちに来ました。社会化期は過ぎているけど、まだ子猫だったのでゆっくり少しずつやれば受け入れられることもまだまだあったはず。
でも何度も書いていますが、なおちゃん当時パルボ陽性(未発症)だったので、感染防止のために完全に隔離生活。

PC300187.jpg

当時の写真、アップしてなかったですね。めちゃめちゃかわいいのに正直申し訳なくて見ると辛い。
2014年12月末のお写真です。同年の11月頭に保護しました。翌年1月にPCR検査でパルボ陰性を確認するまで隔離。
こんな遊び盛りにケージ生活。だが、仕方なかった・・・。
ケージの周囲は農業用ビニールで囲んでいました。

PC300197.jpg

ニャー言うとります。

PC300180.jpg

ニャー!言うとります(T_T)

ケージ生活を余儀なくされても社会化のためにできることはあります。
においのついたタオルを入れると良いそうです。(動物行動学の先生にセミナーで教えてもらった。)
うちだったら私(当時は手袋越しだったのでにおいはかげなかったはず)や他の猫たちのにおい。
将来のことを考えると、まったく知らない人やわんこのにおいも。(ゆっくりね。やるときはちゃんと専門家の方に相談しながらやった方が良いと思います。やり方を誤って余計怖がったりトラウマになったりすると大変なので。)
ただ、当時私はそんなことは全く知らず、考えもしなかった。
社会化ができていない猫がどんななのかも知らなかったので、刺激の少ない隔離生活がなおちゃんに問題だとも思いませんでした。
社会化不十分ななおちゃんが一時ひどくかんしゃく持ちの噛み猫になってしまい、かわいいんだけど噛みが落ち着いても譲渡するのが不安で、やっぱり噛むということがリターンの原因にもなってしまった。猫の行動学をもっと勉強をしないとと思うようになりました。
しみじみ、なおちゃんから学ぶことは多いなあ。本人も苦労していると思うけど。
そんなこんなでなおちゃんも病院は苦手だし、落ち着けるおうちで留守番してもらうのが私も安心で、シッターさんをお願いしたほうが良さそうです。

20190220nao01.jpg
もう一枚シッターさんの写真。
この写真はペットのおうちの写真にも使わせてもらいました。写真何枚か更新しています。


おもちゃにはだれよりも食いつくなおちゃん、今回のお留守番もたくさん遊んでもらいました(^^)
ちょっと心配なこともあったけど特に問題なく、今回は帰宅したらタンスの猫ベッドが下に落ちていたくらいかなー。(よくある。)
お利口にお留守番できました。ご褒美に焼かつお1本を3匹でわけわけしました。
お疲れ様でした!


テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

ルビさんのお元気報告

2月も半ばですが年始のお元気報告続きです(^^;)
続いてはルビさんです。
成猫で保護、譲渡されたルビさんはもう推定8才。
寒くても元気にしているそうです。
短毛ですが毛がもふもふなんですよね。

20190104rubi03.jpeg

おっとり系のルビさん、同じく成猫で迎えてもらった若い弟のクウちゃんに追いかけられることもあるそうですが、お気に入りの押し入れの中に避難して寝ているそうで、上手に住み分けしているようです。

20190104rubi02.jpeg

ふかふかベッド、買ってもらったのかな。眠そう~。

Nさん、お写真や近況報告ありがとうございました!

Nさんに今年のアニボンさん(ルビさんを保護主)のチャリティーカレンダーはルビさんの娘たちのアシュリーとダイヤちゃんが載っていたと教えてもらいました。
アシュリーは我が家で短期間ですが預かりしていた子でもあります。
なかなかの怒りんぼうさんでしたが、猫じゃらでのなでなではまんざらでもなかったのがかわいかった(笑)
まだ家族募集しているのかな。暖かく、穏やかに暮らせるおうちがあるといいなあ。


テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

あや=なっちゃんのお元気報告

年始はお元気報告いただけてうれしい時期^^
元保護ねこのアメショ柄の美人のあや=なっちゃんのお写真を送っていただきました~。

20190111aya01_20190124205155822.jpeg

なっちゃんは今5歳。早いですねえ。
元気にのんびり過ごしているそうです。
(当時なっちゃんときょうだいを一緒に保護したボラさんも元気かなあ。)

20190111aya02_20190124204812926.jpeg

お兄ちゃんとも仲良しですね。
こういう姿を見られるのが複数飼いの良いところ。暖かそう^^眠そうでかわいい。

なっちゃん、これからもYさんとお兄ちゃんと元気に楽しく過ごしてね。
お写真ありがとうございました♪


テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

tsuchineko

Author:tsuchineko
保護猫さんたちの家族募集。
4才のパステルみけの女の子、なおちゃんの家族を募集中。

ランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
タグ

迷子 たあ なお アニボン あや みつき 幸せ便り アシュリー 譲渡会 まさと ゆい ゆり 宮崎 守る会 ぐり しい ルビ まろ 

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
そのほか




いつでも里親募集中

ネコジルシ猫の里親募集のページ


月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。